iroiroyuruyuruなななブログ

うつ病、摂食障害(過食)、アダルトチルドレン/「誰かの何かのヒントに」がテーマ/楽天ヘビーユーザー/自分の好きな事、思うこと、うつ病について等いろいろ書いていきます

先生の勉強

スポンサーリンク

 

 

こちらの記事の続きでございます!→授業ができるまで~教師の努力の結晶~ デブも久しぶりに指導案書いてみた! - iroiroyuruyuruなななブログ

 

 

欠かせない教材研究

教材研究(きょうざいけんきゅう)とは、教諭職業訓練指導員、その他何かを教授する立場の者が、授業や指導に当たってあらかじめ教授する内容について理解を深めるための作業である。

 

教材研究は以下の目的で実施される。

  • 価値判断
    想定している内容が本当に教える価値を持っているか判断する。また、必要な項目か冗長な項目か精査する。
  • 知識や技能の修得
    効果的な指導には、教授する内容についての理解が必須である。また、実技に関わる指導では、指導側が手本・見本となる実技・作品を提示しなければならない場合が多く、知識や技能の修得が求められる。
  • 関連知識・技能の修得
    視野を深め、動機づけの材料や、応用性の向上などを求める。また、具体例などを探し出す。
  • 知識や技能の最適化
    知識や技能の適切な体系化・構造化は理解のしやすさを向上させる。
  • 教材の作成
    適切な教材を作成するために、他の教材を参考にする。

 (Wikipediaより)

 

 

とまぁ、(デブにとっては)難しいことが書かれていますが、簡単に言うと、教師が生徒に教えるために事前に勉強することです。

 

 

教科書の内容のみを教えるだけではダメ

教科書の内容のみでもいいのかもしれませんが、生徒が本当の意味で学べなければ意味がありません。

 

 

教科書の内容に関連するものや、例としてわかりやすく伝えられるように、教科書以外の他の資料等を使って、教師は理解を深めます。

 

 

教材研究資料

 

 

 

 

 

 こういう本もありますし、インターネットからも情報を得て、自分の知識とすることがもできます。

デブは、インターネットや他の教科書を使用することが多かったです。

※学校によって使用する教科書が違います。教科書と言っても出版社によって、内容に少し違いがあります。(図が多かったり、画像が多かったり)