iroiroyuruyuruなななブログ

うつ病、摂食障害(過食)、アダルトチルドレン/「誰かの何かのヒントに」がテーマ/楽天ヘビーユーザー/自分の好きな事、思うこと、うつ病について等いろいろ書いていきます

敷かれたレールの上を歩き続けて

スポンサーリンク

f:id:iroiroyuruyuru:20180302231905j:plain

 

 

どうも少々下品に生まれ変わったななです。

 

 

 

 

 

 

今まで私は誰かが敷いたレールの上を歩き続けていた。

 

 

 

これに気づいたのは1年ほど前だったと思う。

で、あんちゃさんの本を読んで改めて思い出したのでこのことに書いてみようと思う。

 

 

 

 

 

 

 

ある日気づいたこと

当時、うつと診断されてなんで自分はこうなってしまったのかとたくさん考えた。

 

 

 

今までこんなに深くひも解いて考えたのは初めてっていうくらい考えた。

 

 

 

すると気付いたのは、自分はずっと敷かれたレールの上を歩いていたということ。

 

 

 

 

 

 

 

自分で道を選択したことはほとんどなかった

思い返せば、自分で決めて行動したことなどはほとんどなかったと思う。

中には、高校進学や大学進学など自分で選んだ道もあった。

 

 

けど、結局自分が選んだというよりは、まわりの意見に身を任せていたと言った方が正しいかもしれない。

 

 

自分で選択しているようで、大事なことは他人任せだったのだ。

 

 

ありがたいことに高校・大学は部活動の特待生、推薦等で入学できることをほぼ約束されている状態だったので、受験に関しては特に不安を感じることはなかったのを覚えている。

 

 

まわりからは「特待生なんてすごいね!」「推薦か~いいな~」なんて言われていたけど、その言葉に余裕をぶっかましていたのだ。

 

 

そのツケが社会人になって回ってくるとは夢にも思わなかった。

 

 

 

 

 

 

私に「泣く」という選択肢はなかった

私は小さい頃から喜怒哀楽で流す涙はほとんどなかった。

だから、勝負に勝ってうれし泣きとか、卒業式で感動して泣くとか正直その意味がわからなかった。

 

 

元々の性格もあるかもしれないけど、小さい頃(高校生くらいまで)は自分で言うのも難ですけど考え方がストイックで。

「決めたことは最後までやり通す。」「結果が出なければ努力が足りないだけだ。」ってのが自分の考えだったんですよね。

 

 

そんな考え方だから試合に負けて泣いている友達を見て

「自分たちの努力が足りないのになんで泣く?泣く暇あったら気持ち切り替えて次の練習からまた頑張ればいいじゃん」って思ってました。

 

 

そして、女子ってのはイベントっていうとみんな泣くじゃないですか。(笑)

「どこにそんな泣くところあったんだ?」「そんなに泣いてアホか」と思っていたんですよね。

 

 

 

 

 

 

就職も苦労しなかった

就職もなんだかんだで、すっと済んで働くことになった。

何社も面接とか言ったり、名前忘れましたがシートに記入するなんてこともなくて。

 

 

自分ってツイているな~。

自分はそういう星の元に生まれたんだな~と本気で思っていました。

(痛いやつや~)

 

 

【自分は他人よりうまくいっている。】

そう勘違いしてうまくいっているように自分には見えていました。

 

 

 

そう勘違いしている間に、私はみんなに置いていかれていったのだ。

 

 

レベルだけ高くてスキルを振り分けられていない脳筋のアホだったんです。

(レベルも高かったのか?w)

 

社長の何もできないクソ息子の方がわかりやすいかな?(笑)

(私は女だからクソ娘だね)

 

 

 

 

 

私は大事な選択を経験しないまま大人になった

社会は甘くない。

それは本当にそうだ。その通り。

 

 

自分からアクションを起こさないと何も進まない。

 

 

私は、新人ながらに「何か仕事ありますか?お手伝いします」なんて言ってたけど、それを先輩に聞くことさえ恐怖だったんですよね(笑)

(ほんとにクソ娘だな)

 

 

いつも緊張していた。

声かける前はソワソワしていたと思う(笑)

(きもっ)

 

 

今まで自分で何かすることがなかったから、いつも自信なくてそんな自分がすごく嫌だったんです。

 

 

そう思い始めてからは何事にも消極的になっていきました。

 

 

 

 

 

 

敷かれたレールの上を歩き続けてわかったこと

私は敷かれたレールの上を歩き続けて、自分で自分をダメにしていました。

しかも約30年間ずっとです。

 

 

今までずっと損してきたなって思います。

けど、それがあったから気づけたこともたくさんあります。

 

 

今はその損したと思った時間も、うつ病になったことも「良かった」とは言えないけどとてもいい経験になりました。

(それにしても約30年気付くまで長かったなw)

 

 

人より気付くのは遅かったかもしれないけど、今からでも遅くはない。

そう思っています。

 

 

失敗してもいい。うまくいかなくてもいい。

自分がやろうと思ったこと、そして自分を信じていろいろなことに挑戦していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の気持ち:アラサー女ニートなめんなよ(お前がな)