iroiroyuruyuruなななブログ

うつ病、摂食障害(過食)、アダルトチルドレン/「誰かの何かのヒントに」がテーマ/楽天ヘビーユーザー/自分の好きな事、思うこと、うつ病について等いろいろ書いていきます

違う視点から見て決めた、薬の「増量」という選択

スポンサーリンク

 

 

 

ランキング参加中です。

良ければポチっとお願いしますm(__)m

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 過食症・過食嘔吐へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

寒くなったり、暖かくなったりで、みなさん体調は崩されてませんでしょうか?

 

 

 

私はですね………………………………崩しました(笑)

 

 

 

久しぶりにどっと体が重くなって、やる気が行方不明。

ベッドと仲良くなる時間も増えました。

 

 

 

 

 

薬の増量を自ら望みました

先日病院に行ったのですが、また薬の量が増えました。

けど、これは自分が望んだこと。

 

 

薬の量を気にして、しんどい時間を過ごすより、薬に頼って体調を回復させることが先決だと思ったからです。

(何もできないとまた落ち込んじゃうからね)

 

 

 

でも、薬の量が増えることを望まない人がほとんどだと思います。 

それだけ自分の症状が重くなってきていることを示すから。

 

 

そうなると、このまま治らないのだろうか、また体調の悪い時間が増えるのか、自分なんて……

と考えることが多くなると思うんです。

元々抱えている不安がより大きくなるというか、なんというか。

 

 

でもですよ。

もしかしたら、その不安が希望に代わるかもしれません。

 

 

 

 

 

「薬」を違う視点から見てみた

私は、今回「薬」について違う視点から見てみることにしました。

 

 

 みなさんは、「薬」に対してどういうイメージをもっていますか?

 

 たぶん、

  • 治る!
  • 元気になる!
  • 症状が落ち着く

 

とイメージする人がほとんどだと思います。

 

 

しかし、「うつ病」や「過食症」、「アダルトチルドレン」、「不安障害」などという症状を抱えている人から見ると、とんでもない敵に見えてきてしまうんです。

 

 

薬の増量=症状の悪化

ととらえる人が多いからです。

 

 

ここで私は、そのイメージを一度なくして、薬のいいところだけを考えてみました。

するとどうでしょう。

薬に対するイメージが良くなったのです!

 

 

薬を飲むことで、今のこの鬱々とした症状が緩和される、寝れるようになる、不安がなくなると考えれば、最高のアイテムなのではないでしょうか。

 

 

今の生活(睡眠や食事)を見直すよりも明らかに簡単な手段だと思います。

 

 

この考え方お陰で、「薬の増量」という選択をすることができました。

 

 

最後に

薬の事を話せば、人によって合う合わないがあるので、簡単に薬の増量はできないかもしれません。

しかし、違う視点から見てみるという方法は、自分と向き合うための手法の一つなのではないかと思います。

(試しに何かに当てはめて考えてみてもいいかもね)

 

 

そして、他の事にも活かせるのでは?と考えています。

 

 

 

もし、みなさんもこのような体験やこういう考え方もいいんじゃない?というものがあれば、コメントで教えてください(^^)

 

 

では、またの~