iroiroyuruyuruなななブログ

うつ病、摂食障害(過食)、アダルトチルドレン/「誰かの何かのヒントに」がテーマ/楽天ヘビーユーザー/自分の好きな事、思うこと、うつ病について等いろいろ書いていきます

終わっている家族という人たち

スポンサーリンク

 

 

 

ランキング参加中です。

良ければポチっとお願いしますm(__)m

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 過食症・過食嘔吐へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

 

 

 

 

うちの小梅ばあさん(犬)はもう16・7才。

小梅は、元々皮膚が弱くて毎日薬を飲んでいる。

 

うちのおばあさん(人間の方)は小梅に薬をあげようと、もう耳もほとんど聞こえていないシニアワンコに、小梅小梅と呼んでは言うことを聞かないとイライラしている。

 

そして、しまいには八つ当たりをする。

しかも、小梅に。

 

 

 

その薬云々の前に、たまたま小梅が粗相をしてしまったのだ。

その粗相の後始末は、おばあさんがするからと言っていたので、任せようと思っていた。(これはこうする!と言ったら聞かないおばあさんなので)

 

しかし、その粗相をはやく片付けなければという気持ちと、薬をあげなければという気持ちが同時に出てしまったのだろう。

すごくイライラしていた。

 

 

「こっちではやく薬を飲んで」と思い切り小梅の体を動かす。

もう小梅は足腰も弱ってきて、フローリングでは立っていられないときもたまにある。

そんな状態のワンコに、自分のやりたいことを優先させて、体を思い切り引き寄せるのだ。

 

それをさっき目の前で見てしまった。

 

 

すごく怖くなった。

こんな人に小梅を任せられない。

 

 

それと同時に、母にも怒りが湧いてきた。

 

もうおばあさんは、初期の認知症で治療も受けている。

そして、小梅に対するこういう扱い方も初めてではない。

 

まろ吉も同じようなことをされたことがある。何回も。

 

 

それを知っていて、小梅にやる薬をおばあさんに預けるのだ。

 

 

以前からずっと、あなたがあげるようにしてくださいと言っているのに。

面倒くさいことは他人に押し付ける。

 

この家にいる、家族と呼ばれる人たちは、みんなそう。

 

 

「こんなことしかできないから」とたまにいろいろ買ってきてくれたりもするが、そもそもその中に必要なものはほとんどないし、頼んでいない。

 

 

あの人たちは、自分の親切を他人に押し付ける。

そして、納得いかないと怒りだす。

 

 

とても理不尽な人たちだ。

 

 

 

小梅は幸せなのだろうか。

できることなら、3人で暮らしたい。

 

 

小梅を守り切れない、まろ吉と一緒に遊んであげられない。

そんな自分がクソすぎて腹が立つ。