柴犬好きのドゥクシ!

うつ病・過食症・アダルトチルドレン持ち。 愛犬のまろ吉と小梅にメロメロドゥクシされてます🐕

”手を描く練習”と”まろ吉と小梅”と”わたしのココロ”

スポンサーリンク

 

 

 

描くのが苦手な手。

練習してみました。気が向いたので←

 

 

 

あ、他にも絵を描きましたよ!←雑

 

 

 

 

手を描く練習

 

 

③の手の形は前にも描いたことがある。

前より、今回描いたやつの方が、自分の中で納得いく手になりました\(^o^)/

 

 

 

 

まろ吉と小梅

気分でまろ吉と小梅を描いてみました。

 

 

以前描いたTwitterのヘッダー画像と同じように描こうと思ったのですが、同じ絵描けず(笑)

自分、同じ絵って描けないんですよね(^^;

これも練習していくしかないか~

 

 

わたしのココロ

自分は抽象的な絵が描けません。

ですが、それっぽく描いてみました(笑)

 

https://www.instagram.com/p/BtXudW-BGVt/

わたしのココロ#Dogtor7のらくがき#ココロ#過去#現在#未来

 

 

『ココロの中に一枚一枚の写真(思い出)がある』という意味を込めて描きました。

他にもありますけどね(^^)

これは、後々説明していきますね。

 

そして、左、真ん中、右、と分けてみました。

 

 

f:id:iroiroyuruyuru:20190202212954j:plain

 

 

これは幼少期から大学くらいの過去をイメージして描きました。

 

 

左に描いてある犬は、わたしが初めて飼った初代ワンコです。

名前は、ゴン太と言います。

 

ゴン太がいた頃は、自分に自信をもっていた時期です。

しかし、あまり記憶がありません。

 

わたしはいい記憶ほど忘れている傾向があります。

自分でもわからないんですけどね(笑)

 

 

ですが、わたしの中でゴン太という存在はとても大きかったです。

犬(特に柴犬)好きになったのも、ゴン太のお陰。

 

 

 

特に、幼少期はあまり記憶ないけど、”楽しくて輝いていた”イメージが強かったので、ゴン太を中心とし、明るいイメージの色を付けました。

記憶があまりないので、写真の中身はありません(笑)

 

 

真ん中

f:id:iroiroyuruyuru:20190202213015j:plain

 

 

これは大学~最近の過去を表現しました。

 

お爺さんは、私が大学在学中に亡くなりました。

わたしが小さい頃はいつも遊んでくれました。

わたしのために、砂を持ってきて大きい発泡スチロール一杯にいれ、砂場を作ってくれました。

 

顔は怖くて、口数も少ないお爺さんでしたが、とても優しいお爺さんでした。

でも亡くなってから、とても大切な存在であったことにようやく気づき、落胆したのを覚えています。

 

 

当時は、仕事をし始めて遠出して遊んだり、1人で買い物に行ったり、恋もしました。

楽しんで生活していたんですよね。

しかし、うつ病になり、わたしの目の前は真っ暗になりました。

改めて楽しいと思えた、バスケも、遊びも、人付き合いも苦手になり、全て暗い色に染まり、目の前の幸せも見失いました。

 

所々記憶の無いところもあります。

それを色で表現しています。

 

すみません、暗い話になっちゃいましたね(笑)

 

 

f:id:iroiroyuruyuru:20190202213036j:plain

 

 

右は、現在を描いてみました。

今は、まろ吉と小梅という柴犬ズ(←ダサいw)に癒しをもらっています。

 

 

先程、「目の前の幸せも見失いました」ということを描いたのですが、『目の前の幸せ』はまろ吉と小梅のことを指しています。

 

仕事だなんだと言って、この頃は大切な家族を大切にできていませんでした。

けど、今は大切な存在ということに改めて気づくことができ、毎日そばにいてくれる幸せを感じています。

 

 

他の絵は、わたしを支えてくれる人たちを描きました。

本当はもっとたくさんいます。

未来を表現できなさそうだったので、これだけの数にしました。

 

何も描いていない写真は、未来を表現しています。

まだ、何があるかわからないので何も写っていません。

 

 

ややこしいことを言いますが、現在と言いながら、右に描いた現在も過去になります。

時は常に流れていますからね。←めんどくさっw

 

 

自分で描いといてうまく説明できないのですが、全ての過去・現在も含め自分のココロの中にある・存在するという。

そんな感じで描きました←語彙力

 

そして、未来もココロに刻まれていく。

そんな感じです←語彙ry……。

 

 

絵を描いていて気付いたこと

”わたしのココロ”は、抽象的っぽく描いてみましたが、気づいたことが2つ。

「やはり抽象的なものは描けない」ということと「自分は絵でも白黒はっきりさせたいんだ」ということです。

 

 

なんでもはっきりさせることは、良いこともありますが、自分を追い込んでしまうことでもあります。

たまにはグレーで濁すこともしようと思いますが、絵に関しては、「はっきりしたものが描ける能力を持っているんだ」という、変にポジティブに捉えることとします。(笑)

 

 

最後に

珍しく、中身のある?絵を描いてみました。

いや、中身のない絵なんてないんだけど、より気持ちを込めたって言った方が正しいかな。

 

絵を描くことで、気づけることもたくさんあります。

これからも、学びと気付きを楽しみながら、絵を描いていこうと思います。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

では、また~