柴犬好きのドゥクシ!

うつ病・過食症・アダルトチルドレン持ち。 愛犬のまろ吉と小梅にメロメロドゥクシされてます🐕

自分に合う仕事の時間配分とは?

スポンサーリンク

 

 

 

現在、……いや、前々からなのだが、自分は睡眠時間が全然安定しない……。

 

 

 

いや~自分ってほんと社会に向いてない(笑)

 

 

 

そこで、今後仕事をする上で、自分に合うであろう仕事の時間配分について考えてみた。

 

 

 

 

 

 

 

「今」は長く通用しない

 

 

今まで、「」の自分に合っている睡眠時間や、行動の仕方、働き方について考えてきた。

 

 

しかし、「今」だけ考えていては、今後自分の力で仕事をしてお金を作る上では通用しないことに気が付いた。(今更)

 

 

 

調子がいい日が続くと、「あ、これなら仕事できそうだな」と思うのだが、体調が崩れるとそれが一気に崩壊してしまう。

 

 

そして、「あ、これでは仕事はできない。こんなんで仕事を始めることはできるのだろうか?」と毎回振出しに戻るのだ。

 

 

そこで、体調が崩れたとしても続けられる、自分なりの仕事の仕方(時間配分)を考えることにした。

 

 

自分なりの仕事の仕方

 

いくつかに分け考えていきたいと思う。

 

 

①一日の作業量や時間

今のところ、できて1日4~5時間。

できて、6時間だろう。

 

 

コンスタントに仕事をしようと思うと、この時間が妥当である。

そして、これ限界だ(笑)

 

 

②どの程度の時間で納期にもっていくか

例えば、仕事の納期が7日後(一週間)だとしよう。

 

 

 

仕事の内容や時間配分を、『毎日やれば7日後に間に合う』という体で設定したとき、

 

「体調を崩したときは、どうする?」

 

となってしまう。

 

 

 

1日程度の休養であれば、なんとか対応できるだろう。

しかし、2~3日間、身動き取れない状況だったら?

 

 

 

もちろん、残りの4~5日間に休んだ分、1日の作業量は約4時間増え、9時間も作業しなければならなくなる

 

 

 

これでは、自分の体調を気遣って設定した時間等に意味はなくなり、余計に体調を悪化させてしまう結果となるだろう。

 

 

これでは、本末転倒である。

全然自分に合ってなぁああああああい!

 

 

③毎日やろうとしない

自分のような毎日体調の変化に波がある人は、毎日仕事をしようとしてはいけない。

世間でも、だいたいの職場で、週休二日制と言う制度があるくらいだ。

自分であれば、もっと休養が必要になるだろう。

 

 

体調を崩したときのことを考え、最低でも、2日は仕事をしない日を設けて十分に休養に充てる必要がある。

 

 

大事なのは余裕を持って目標設定すること

 

 

これらのことを踏まえ、余裕を持って時間設定をすることが重要である。

これは、誰に当てはめても考えられることだ。

 

 

仕事始めは、慣れないことも多いため、自分が設定した時間よりも大幅に時間がかかってしまうこともある。

 

 

その時間も込みで考えられると尚、いいだろう。

 

 

 

自分は、今後、ライティングの仕事をしたいと思っている。

そうなれば、キーワードに対するリサーチの時間や、執筆の時間、仕事の内容の配分も考えていかなければならない。

 

 

大きな目標を達成するために、越えなければならないこと。

 

 

もっと自分と向き合って、目標が達成できるように努めていきたい。

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったら、最後にぽちっとお願いします\(^o^)/

 

 

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

にほんブログ村 イラストブログ らくがきへ